メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試のあり方「検討会議」初会合 「英語」「記述式」導入見送り経緯検証

大学入試センター試験の開始を待つ受験生たち=東京都文京区の東京大学で2019年1月19日、竹内紀臣撮影

 大学入試センター試験に代わって2020年度に始まる大学入学共通テストについて、英語民間試験と記述式問題の導入が見送られた経緯を検証し、大学入試のあり方を検討する有識者会議(座長・三島良直東京工業大前学長)の初会合が15日にあった。大学入試での英語4技能(読む・聞く・話す・書く)の評価や記述式問題のあり方などを議論し、20年末までに結論を出す。会議は原則として公開される。

 委員は高校、大学の代表者や入試の専門家など18人。初回は各委員が自由に発言し、共通テストと大学の個別入試の役割を整理することなどが提案された。「課題が専門家に指摘されていたが、反映されず、政策が進められた。同じことを繰り返さないため、きちんと経緯を把握すべきだ」という意見も出た。2月7日の次回から政策決定過程について検証する。

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いっそ営業禁止と言ってほしい」人影途絶えた歌舞伎町 風俗業界も深刻

  2. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  3. 14都道府県26カ所でクラスター発生 東京・兵庫が最多4カ所 厚労省公表

  4. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  5. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです