メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第162回芥川賞に古川真人さんの「背高泡立草」、直木賞に川越宗一さんの「熱源」

記者会見で記念撮影に応じる芥川賞を受賞した古川真人さん(右)と直木賞を受賞した川越宗一さん=東京都千代田区で2020年1月15日午後7時28分、吉田航太撮影

 第162回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が15日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞に古川真人さん(31)の「背高泡立草」(すばる10月号)、直木賞には川越宗一さん(41)の「熱源」(文芸春秋)が選ばれた。古川さんは4回目、川越さんは初めての候補での受賞。贈呈式は2月下旬、東京都内で開かれ、正賞の時計と副賞の100万円が贈られる。

 古川さんは福岡市生まれ。国学院大文学部中退。2016年のデビュー作「縫わんばならん」以来、「四時過ぎの船」「ラッコの家」で芥川賞の候補入りを繰り返してきた。

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです