メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心新たに小豆粥 京都・妙心寺で初春を祝う会

 小豆と餅の粥(かゆ)を食べて1年の無病息災を願う「小豆粥で初春を祝う会」が15日、京都市右京区の妙心寺の塔頭(たっちゅう)・東林院で始まった。小豆粥は七草粥と並ぶ風習で東林院にも精進料理として伝わる。初日は「散飯(さんはん)式」があり、小正月の儀式として30年以上前に復活させた西川玄房住職(80)が読経後、約25人の参加者の碗(わん)から衆生に施す生飯(さば)…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです