メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高崎映画祭、最優秀作品賞に「嵐電」 最優秀主演男優賞は稲垣吾郎さん 授賞式は3月22日

高崎映画祭のウェブサイト

 第34回高崎映画祭の受賞者が15日、発表された。最優秀作品賞に「嵐電(らんでん)」(鈴木卓爾監督、スタッフ・キャスト一同)が選ばれた。オダギリジョーさんの初の長編監督作品で、昨年の第76回ベネチア映画祭にも出品された「ある船頭の話」に、「日本映画界の未来を照らすであろう作品」としてホリゾント賞が贈られる。【増田勝彦】

 審査対象は2018年12月~19年12月中旬に国内で劇場公開された邦画。映画祭プロデューサーの志尾睦子さんは「20~40代の監督が自主上映に近い形で作る映画の中に非常におもしろいものもあった」などと総評した。

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1061文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです