メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうの炎鵬

身長差23センチ、力自慢の栃ノ心に高々とつり上げられ、足をばたつかせたが…

栃ノ心(左)がつり出しで炎鵬を破る=東京・両国国技館で2020年1月15日、丸山博撮影

[PR]

 大相撲初場所4日目の15日、幕内最小168センチ、99キロの炎鵬は初顔合わせの元大関・栃ノ心につり出しで敗れ、2勝2敗となった。

 栃ノ心との身長差は23センチ、体重差は78キロ。炎鵬は立ち合いでその懐に入り込み、左下手を取った。しかし直後、栃ノ心の長い腕が炎鵬の背中越しに両まわしを捉えた。「ちょっとまともに行き過ぎた。あそこまで捕まえられたら何もできない」。高々とつり上げられ、足をばたつかせて抵抗したものの、そのまま土俵の外へ運ばれた。

 「想像していたよりも力が強かった。一つ間違えれば、あんなふうになってしまう」。角界屈指の力自慢、栃ノ心に驚きを感じつつ、「やってみて分かったこともある。次は違った展開にしたい」。痛めている右肩付近を氷で冷やしながら、「体は動いているし、一日一番取ることに集中したい」と前を向いた。【田内隆弘】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです