メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本ラグビー協会、新リーグの参入要件原案決定 プロとアマ混在認める

[PR]

 日本ラグビー協会は15日、東京都内で理事会を開き、2021年秋に開始する新リーグについて、チームの名称や拠点となるスタジアムなど参入要件の原案を決めた。今月中に現行のトップリーグ(TL)チームなど関係者からヒアリングを進め、調整する。

 TLから移行する新リーグについて、当初は協会内に選手の完全プロ化を目指す意見もあったものの調整がつかず、TLと同様にプロとアマの混在を認めることになった。

 ホームアンドアウェー方式を視野に、チーム数は現在の16から削減する見込み。岩渕健輔専務理事は「(各チームが)お客様をしっかり持てる運営母体になることが大事」と語った。【大谷津統一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです