メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本ラグビー協会、新リーグの参入要件原案決定 プロとアマ混在認める

[PR]

 日本ラグビー協会は15日、東京都内で理事会を開き、2021年秋に開始する新リーグについて、チームの名称や拠点となるスタジアムなど参入要件の原案を決めた。今月中に現行のトップリーグ(TL)チームなど関係者からヒアリングを進め、調整する。

 TLから移行する新リーグについて、当初は協会内に選手の完全プロ化を目指す意見もあったものの調整がつかず、TLと同様にプロとアマの混在を認めることになった。

 ホームアンドアウェー方式を視野に、チーム数は現在の16から削減する見込み。岩渕健輔専務理事は「(各チームが)お客様をしっかり持てる運営母体になることが大事」と語った。【大谷津統一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです