メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西武・松坂、キャンプは主力中心のA班でスタート

西武への入団記者会見で笑顔を見せる松坂大輔=東京都港区で2019年12月11日、佐々木順一撮影

[PR]

 西武に14年ぶりに復帰した松坂大輔投手は2月の春季キャンプで主力中心のA班からスタートする。15日、埼玉県内で開かれた会議後、辻監督が明言した。辻監督は「体にどこも心配するところがない。今年に懸ける彼のキャンプがどういうキャンプになるのか。若い選手の参考になりうる」と期待した。

 新人では宮川哲投手、浜屋将太投手、柘植世那捕手がA班に入った。一方、右ふくらはぎの張りを訴えている中村剛也内野手と昨年10月に左前腕を手術した内海哲也投手はB班スタートとなる見込み。【生野貴紀】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです