連載

1・17あの日から私は

毎日新聞デジタルの「1・17あの日から私は」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

1・17あの日から私は

阪神大震災25年 ふるさとへの恩返し サッカー・ヴィッセル神戸会長 三木谷浩史さん(54)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える楽天の三木谷浩史会長兼社長=吉田航太撮影
インタビューに答える楽天の三木谷浩史会長兼社長=吉田航太撮影

 阪神大震災当時は日本興業銀行(現みずほ銀行)の行員。生まれ育ったふるさとを襲った震災で、人生が大きく変わった。震災後、消滅の危機に直面したサッカーJ1ヴィッセル神戸の営業譲渡を受けた。

      ◇

 震災が起きた日の朝、同郷の同級生からの電話で震災を知った。「テレビを見ているか。大変なことになっているぞ」と。実はこの日から(ソフトバンクグループ会長兼社長)孫正義さんと海外出張する予定だった。しかし、テレビに倒れた阪神高速が映り、電話も通じない。出張どころじゃないと、取りやめた。翌日、空路で岡山に行き、岡山から陸路で戻る形で神戸に入った。

 小中学校の同級生や神戸市に住んでいた母の妹夫婦が亡くなった。死亡届を取るために神戸の街を移動したが、火災の被害でほとんど焼けてしまったところもあった。公民館にはたくさんのご遺体が並んでいた。

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文1084文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集