メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スミレの香り

/197 馳星周 画 田中靖夫

「すまん。おまえにはいつか話そうと思っていたんだが、忙しさにかまけていたら、そのうち、離婚だのなんだのということになって話しそびれた」

「いいんだ。真波はおまえたちの娘だ」

「それで、プログラミングというのはどういうことなんだ?」

「まだ詳しいことはわからんが、吉澤祥子はなにかの折に、真波の数学だとかプログラミングの並外れた才能に気づいたんじゃないかと思う。その能力をなにかに使うために真波を拉致したんじゃないか」

「詳しいことは藪(やぶ)の中だし、真波の行方は結局わからないということだな」

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです