メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花谷寿人論説委員

 甲A、甲B、乙A、乙B……。記号は個人を表している。

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で45人が殺傷された事件。横浜地裁で続く植松聖被告の裁判で、ほとんどの被害者の実名は伏せられている。

 被害者に非は全くない。それでも家族が名前を明かしにくい社会とは何だろうか。

       ◇

 昨年暮れ、一人の若者の悲報が本紙に載った。千葉県成田市の渡辺純さん(21)。脳性まひで、たんを吸引する医療のケアが必要だった。小中学生の時には車椅子で普通学校に通い、中学では体調の変化に備えて看護師が巡回した。

 県立高校への進学を希望し、7年間浪人したが、追加募集を含めて27回不合格。このうち、定員割れにもかかわらず落とされた「定員内不合格」は25回にも及んだ。学校側は理由をつまびらかにしていないという。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「手に負えなくなる。緊急事態宣言出すべきだ」 大阪・吉村知事がツイッターで発信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです