メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

棋界新時代

千載一遇のチャンス 将棋 渡辺明王将

 明けましておめでとうございます。将棋界の新年は例年、5日に行われる(今年は6日)指し初め式で始まるが、今年はそれより前に公式戦を指すことになった。指し初め式より前の日に対局するのは私自身は初めてである。12日から大阪王将杯王将戦七番勝負が始まることもあり、1月は対局日程が詰まってくる。よって4日に対局しておく必要が出てきたというわけだ。

 例年だと対局は6日以降だったので年末年始はのんびりしていた。ところが今年は4日からなので、12月25日の対局を終えた後は1泊で軽井沢にカーリングをしに行き、29日からは普段と同じ感じで過ごしていた。対局の1週間前になってくると、年末年始といえども研究の手を止めるわけにはいかない。私は将棋の研究は必要に迫られてやっている意識があり、できれば休みたい気持ちが強い。年末年始をしっかり休めなかったので1…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  2. どうやって予防するの?妊娠している人への影響は?…新型肺炎、その心構え

  3. 和歌山で新たに3人感染確認 国内初の10代、外科医の息子

  4. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  5. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです