メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おさかな元年・海なし県の挑戦

/12止 長野・諏訪湖 ワカサギ 大量死乗り越え復活 禁漁や天敵追い払い効果 /山梨

 「ワカサギはやっぱり諏訪湖産が一番うまいね」。消費者から絶賛の声が上がる諏訪湖の魚の代表格ワカサギ。脂が乗り、淡水魚の臭みがない風味の良さが好まれ、甘露煮や唐揚げなどが食卓や土産品に彩りを添える。

 新年を迎えた6日朝、諏訪湖漁協(長野県諏訪市)の初市に、組合員16人が早朝の投網漁で取ったばかりのワカサギ645キロが美しい銀鱗(ぎんりん)を光らせていた。

 ワカサギとコイを各20キロ仕入れた岡谷川魚組合長で「浜丑(はまうし)川魚店」の浜守さん(47)=同県岡谷市=は「こんなにたくさん初市に並んだのは何年かぶりでとてもうれしい」と笑った。この日の漁獲量は前年の2倍。1匹の大きさは平均8センチ、体重3・5グラムと大ぶりだった。

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. 中日・京田選手が急逝した後輩の「背番号6」 NTT西の試合観戦 都市対抗

  5. NTT西のベンチに背番号6のユニホーム 亡きチームメートに誓った勝利 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです