メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

れとろ探訪

釣鐘町と時の鐘 /大阪

職員の憩いの場となっている府庁屋上の釣鐘堂=1961年1月5日撮影

 大阪市中央区に「釣鐘町」という地名がある。由来は江戸時代にあった「釣鐘屋敷」からである。

 1961(昭和36)年1月6日の大阪市内版に釣鐘町の紹介記事が掲載された。

 大坂の陣で豊臣家の本拠地だった大阪は徳川幕府から白眼視されると町民は心配したが、3代将軍の家光が「地子銀赦免」を言い渡した。大幅減税である。感謝した町民は記念に釣鐘を鋳造し、「時の鐘」として時刻を報じることにし…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 特集ワイド コロナショック 感染拡大のスピード遅らせよ 政府専門家会議副座長・尾身茂氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです