ホテル運営・第三セクター、黒滝森物語村 赤字一転、地域を先導 取り組み奏功、右肩上がり /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
業績が右肩上がりの再生を続ける「黒滝森物語村」の辰巳繁副社長(左端)と従業員ら=黒滝村で、萱原健一撮影
業績が右肩上がりの再生を続ける「黒滝森物語村」の辰巳繁副社長(左端)と従業員ら=黒滝村で、萱原健一撮影

設備投資、経費節減、地元高齢者採用

 2015年に赤字経営で一度閉鎖になった黒滝村のホテル「森の交流館」(同村粟飯谷)が16年3月の再開から急速に売り上げを伸ばしている。ホテルを運営する村の第三セクター「黒滝森物語村」(社長=辻村源四郎村長)の取り組みは地域活性化の起爆剤となり、総務省などが選ぶ19年度の過疎地域自立活性化優良事例として表彰された。【萱原健一】

 1993年に村営で始まった「黒滝森物語村」は財団法人を経て2011年に株式会社化。だがホテルの売り上げは年間2000万円程度で、15年に閉鎖に追い込まれた。経営の立て直しを図るため招かれたのが同村出身の辰巳繁副社長(65)。約20年間、北海道や広島で企業再生に取り組んだ実績が買われた。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文986文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集