メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終わらぬ宿題

阪神大震災25年/上(その1) 雑魚寝改善されず

台風19号の避難所で、被災者の脚に血栓ができていないか検査をする新潟大の榛沢和彦特任教授(奥)ら=福島県いわき市で2019年11月4日、榛沢教授提供

 台風19号が各地で猛威を振るってから約10日後の2019年10月下旬、長野市内の避難所で女性(73)の体に異変が起きた。朝、めまいがし、思うように体を動かせない。何とか体を起こしたが、しびれを感じて立ち上がれない。医師は「脚に血栓ができています」と告げた。いわゆるエコノミークラス症候群(深部静脈血栓症)だった。

 女性は1人暮らしの自宅が浸水し、体育館に避難した。6日後に段ボール製のベッドが設置されるまで、ブルーシートの上に毛布を敷いて雑魚寝を続けた。女性は「普段から畳に布団を敷いて寝ていたので、そんなにつらいとは思っていなかった。でも、床は冷たくて硬く、寝返りするのも痛かった。避難生活のせいで、以前のようには歩けなくなってしまった」と悔やむ。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文828文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 小刻みに震える子猫 殺処分に立ち会った おおいた動物愛護センター

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです