メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

逆風を招く中国外交=坂東賢治

坂東賢治専門編集委員

 <moku-go>

 日本では認知度が低いが、欧州ではデジタル時代の民主主義を志向する「海賊党」が各地に設立され、ドイツやアイスランド、チェコなどで勢力を伸ばしている。

 2006年にスウェーデンで創設され、ネット時代は著作権を見直すべきだと、権利のない「海賊版」をあえて党名につなげた。

 移民に寛容で環境保護を重視するなど中道・リベラル政策を掲げ、情報技術を活用した政治の透明性向上などを主張している。

 その「海賊党」に所属するチェコ・プラハ市のフジブ市長(38)が大国・中国を悩ませている。

 13日には「一つの中国」の順守にこだわる北京や上海との友好都市関係を見限る形で、台北市との姉妹都市協定に調印した。

 フジブ氏は18年の就任後、地方都市の友好関係は外交とは関係ないと「一つの中国」順守を前提とした北京市との関係の見直しに動いた。医大生時代に台湾で1カ月間研修を受け、好感を持ったことも影響したらしい。

 中国は反発し…

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文1010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです