メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の世界を読む

中国による邦人拘束 政治的抑圧に向き合え=北海道大公共政策大学院長・遠藤乾

 年が明けても、まだ考えていることがある。昨秋、北海道大学の同僚が中国にて学術交流中に拘束された事件=1=についてである。

 狭義の事件は、本人が帰国したときに終わった。拘束中の2カ月は、近い同僚として解放工作にかかわらざるを得ず、文字通り眠れない日々だった。ご家族の苦悩は想像を絶する。幸い多くの方の尽力の末、学者やメディアなど市民社会が声を上げ、政府首脳が強い意識をもって行動し、年内の解放がかなった。

 しかし、事件はいまだに問いかける。中国の抑圧的な本質は変わっておらず、その傾向は強まりこそすれ、弱まったわけではないからだ。

この記事は有料記事です。

残り2736文字(全文3001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです