立・国合流間に合わず 20日召集の国会 国民は分裂含み

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国民民主党の玉木雄一郎代表は15日、党本部で開いた両院議員懇談会で、立憲民主党の枝野幸男代表との合流協議の状況について説明し、引き続き協議する考えを示した。これに対し、早期の合流を求める若手・中堅議員ら約20人が「合流協議推進」を議題に両院議員総会を開くよう要求。分裂含みの様相を呈している。【遠藤修平、東久保逸夫】

 懇談会で玉木氏は、立憲との協議に関し、合併後の党名は「民主党」とし、綱領に「改革中道」の立場を盛り込むことなどを求めていると説明。引き続き協議を進める考えを示し、理解を求めた。

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文812文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集