メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中国 人権擁護を攻撃」 ウイグル・香港巡り ヒューマン・ライツ・ウォッチ報告書

記者会見するヒューマン・ライツ・ウォッチのケネス・ロス代表=米ニューヨークの国連本部で2020年1月14日、隅俊之撮影

 国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」(HRW)のケネス・ロス代表は14日、世界の人権状況についてまとめた年次報告書を米ニューヨークの国連本部で発表し、中国が「国際的な人権擁護の取り組みに対して厳しい攻撃を仕掛けている」と批判した。ロス氏は香港で発表する予定だったが、12日に香港国際空港で入境を拒否されていた。

 一方、記者会見場では中国国連代表部の1等書記官が発言を求め、会見の最後に反論。ロス氏や記者に「報告書は偏見とでっち上げに満ちている。断固拒否する」と主張する場面もあった。

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです