メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終わらぬ宿題

阪神大震災25年/上(その2止) 「ベッド」活用渋る自治体

避難所となった体育館の床で雑魚寝をする台風19号の被災者=長野市で2019年10月17日、水谷嘉浩さん提供

 

 2019年10月15日。台風19号の避難所に段ボール製のベッドを設置してもらおうと、新潟大の榛沢(はんざわ)和彦特任教授(血管外科)が長野市に駆けつけた。段ボールベッドは冷気やほこり、床の揺れなどから避難者を守り、健康維持に効果があるとされる。

 まず、長野県庁に「段ボールベッドを入れてほしい」と頼みに行くと、「全員にベッドは当たり前ですね」と了承された。しかし、避難所は市が運営するため、市に掛け合う必要があった。市の担当者は「効果を示す根拠はあるのか」と導入を渋り、効果があった事例をまとめた冊子などを示しても、「目もくれなかった」(榛沢教授)という。

この記事は有料記事です。

残り2433文字(全文2713文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 真夜中に小学生を追い返した児相 それで子ども守れるのか

  2. 現場から 神戸・児相門前払い 把握後も報告、公表怠る 市家庭支援課、事態の矮小化目立ち /兵庫

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 札幌市で新たに1人新型コロナ感染 70代日本人男性 北海道内18人目

  5. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです