メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

川越宗一さん=「熱源」で第162回直木賞

第162回直木賞を受賞し、記者会見する川越宗一さん=東京都千代田区で2020年1月15日午後7時52分、吉田航太撮影

川越宗一(かわごえ・そういち)さん(41)

 「直木賞は、ある程度実績のある人が大作家になる扉だと思っていた」

 デビュー2作目となる書き下ろしの長編で、その扉をこじ開けた。

 受賞作は明治維新後から太平洋戦争終戦までの樺太(サハリン)を舞台にした歴史小説。登場人物の大半は実在した人々で、樺太出身のアイヌと、サハリンに流刑となるポーランド人の2人を軸に物語は進む。日本やロシアから「文明」を押しつけられ、自らのアイデンティティーに悩む少数民族の姿を重層的に描いた。

 作品には「文明が生み出す理不尽さ」とのテーマを込めた。それは現代社会が抱える問題でもある。「食料生産が上がったり、病気で死ななくなったり、文明の恩恵は大きいが、一方でしんどいこともある。しわ寄せは少数の人たちに集中し、それは今も昔も同じだと思う」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. ダブルベッド 武田航平×山本ソニアの「同棲生活」6日目 本音トークを経て、最後の夜は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです