メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第78期名人戦A級順位戦 渡辺明王将-広瀬章人八段 第30局の3

好調渡辺

 昨年の渡辺は絶好調だった。久保利明九段から王将位、豊島将之名人から棋聖位をそれぞれ奪取して3冠に躍進。1期で復帰したA級ではご覧の通り、5戦全勝でトップを快走している。ちなみに、もともと保持していた棋王位は7連覇中。奪取するだけでなく、守り続けてこそ一流の証しとされる。

 広瀬はどうか。渡辺王将への挑戦権を獲得し、年明け早々七番勝負に臨んでいるが、虎の子の竜王位は昨年末に失って現在無冠。近年は20代からの突き上げも激しい。いち早くタイトルを取り戻したいところだろう。

 図は渡辺が[先]6九飛と転じ、[先]6五銀を狙った局面。ここで広瀬の考慮中に昼食休憩の時刻を迎えた。指し手は「53」。5回戦の佐藤(天)―三浦戦の「87」には及ばないものの、この日も午前中にかなり進んだ。

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  2. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  3. 名古屋高速の事務員が感染判明、料金所5カ所閉鎖 新型肺炎

  4. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです