メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相模原殺傷 地裁「美帆さん」で審理 遺族意向「甲A」使わず

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年、利用者ら45人を殺傷したとして、殺人罪などに問われた元同園職員の植松聖(さとし)被告(29)に対する横浜地裁(青沼潔裁判長)の裁判員裁判は15日、証拠調べがあった。青沼裁判長は被害者特定事項秘匿制度により公判で名前を伏せて「甲A」と呼んでいた犠牲者の女性(当時19歳)について、「これからは美帆さんと呼ぶことになります」と述べた。【中村紬葵、木下翔太郎】

 美帆さんの母親は同日、「甲とか乙とかいうものではない、名前を出すことで美帆という存在を知ってほしか…

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1172文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 奈良で不明の女子高生保護、誘拐容疑で姉ら男女3人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです