メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無許可再生医療 大阪医大元講師ら2容疑者逮捕

 再生医療に使う脂肪幹細胞を無許可で培養したとして、大阪府警は15日、大阪医科大(大阪府高槻市)の元講師、伊井正明容疑者(52)=同府茨木市=ら2人を再生医療安全性確保法違反の疑いで逮捕した。伊井容疑者は医大の調査に「アンチエイジング目的で知人に頼まれ、再生医療を行った」と説明。幹細胞の作製には伊井容疑者が考案した技術が使われており、府警は研究成果を試そうとした可能性があるとみて調べる。

 他に逮捕されたのは、伊井容疑者と共同研究していた製薬会社の元従業員、浜園俊郎容疑者(62)=横浜市…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 奈良で不明の女子高生保護、誘拐容疑で姉ら男女3人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです