メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芥川賞に古川真人さん 直木賞は川越宗一さん

 第162回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が15日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞に古川真人(まこと)さん(31)の「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」(すばる10月号)、直木賞には川越宗一さん(41)の「熱源」(文芸春秋)が選ばれた。古川さんは4回目、川越さんは初めての候補での受賞。贈呈式は2月下旬、東京都内で開かれ、正賞の時計と副賞の100万円が贈られる。(4面に川越さんの「ひと」)

 古川さんは福岡市生まれ。国学院大文学部中退。2016年のデビュー作「縫(ぬ)わんばならん」以来、「四時過ぎの船」「ラッコの家」で芥川賞の候補入りを繰り返してきた。

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1197文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  2. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです