メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点字毎日 特集 白い杖の留学生国際大会 活動や課題を報告 国際視覚障害者援護協会

 アジアやアフリカの視覚障害者に独自の奨学制度を作り、開発途上国の人材育成に貢献してきた「国際視覚障害者援護協会」。日本で学んだ留学生たちが2019年11月、東京都内に集まり「白い杖(つえ)の留学生国際大会」を開いた。現役の留学生を含めた16人が、現在の活動や課題を紹介し合い、あはきを通じて日本と母国の架け橋になっていることが報告された。【山縣章子】

この記事は有料記事です。

残り1581文字(全文1757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染177カ国・地域、世界全域で68万人 死者3万人超える 新型コロナ

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「このままでは餓死」失職労働者、都市部から歩いて故郷へ 感染拡大懸念 全土封鎖のインド

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです