メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新福岡県立美術館、大濠公園が最適 建設地選定委が報告書

福岡県立美術館=福岡市中央区天神5で2020年1月16日午前10時1分、吉川雄策撮影

 老朽化で建て替えが検討されている福岡県立美術館(福岡市中央区)の建設候補地を選ぶ選定委員会=会長・建畠晢(たてはた・あきら)多摩美術大学長=は16日、候補地を中央区の大濠(おおほり)公園が最適とする報告書を公表した。報告書に基づき、小川洋知事が月内に建設地を最終決定する。

 候補地は大濠公園南側で、現在福岡武道館が建つ敷地と日本庭園の敷地の一部の2万400平方メートル。

 選定委は、大濠公園内の隣接地に福岡市美術館も立地していることから「全国各地にある複数の美術館が集まる『美術館エリア』と肩を並べられ、県の魅力を発信できる」と評価した。また、県と福岡市は大濠公園と隣接する舞鶴公園を一体化して整備する「セントラルパーク構想」を掲げており、その中核施設と位置づけることで新美術館の存在感が高まるとしている。一方で課題として、同じく県の施設で老朽化が進む福岡武道館の移転が…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです