メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国・武漢渡航中に発熱、患者と接触か 新型肺炎、国内で初確認の男性退院

厚生労働省で記者会見する結核感染症課の梅田浩史室長(左)と日下英司課長=2020年1月16日午前10時32分、梅田啓祐撮影

 厚生労働省は16日、中国の武漢市に滞在歴のある神奈川県在住の30代男性が肺炎の症状を起こし、国立感染症研究所の検査で新型のコロナウイルス感染を確認したと発表した。昨年末から武漢で発生している新型肺炎患者が国内で確認されたのは初めて。男性は既に退院しており、厚労省は「男性患者から感染が広がる可能性は低い」としている。首相官邸は15日付で、危機管理センターに情報連絡室を設置した。

 同省によると、男性は渡航中の1月3日に発熱し、6日に帰国。同日に国内で医療機関を受診した際は軽症だったが、発熱が続いたため、10日に別の医療機関を受診し入院した。原因不明の肺炎症状と武漢滞在歴があったため、感染研村山庁舎でウイルス検査をし、15日に陽性との結果が出た。対応した医療関係者らに症状を訴えている人はいないという。家族ら、帰国後に接触した人の状況は、保健所を通じて調べている。

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文973文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 埼玉県も休業要請へ 慎重姿勢転換 大野知事「首都圏一体で対応」

  4. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  5. 緊急事態 警察「宣言出ていますよ」呼びかけ止まり 外出だけで職質はできず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです