メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴーン被告逃亡 弘中氏が弁護人を辞任

弁護士の弘中惇一郎氏=東京都千代田区で2019年12月31日、藤井達也撮影

 金融商品取引法違反と会社法違反に問われた日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)が保釈中に逃亡した事件で、弁護団の弘中惇一郎弁護士は16日、弁護人を辞任した。

 弘中弁護士は2019年2月、元東京地検特捜部長の大鶴基成弁護士に代わって弁護人に就任した。19年春には、前会長の住居への監視カメラ設…

この記事は有料記事です。

残り92文字(全文242文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  5. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです