メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

袴田事件弁護団「特別恩赦」を出願 死刑執行免除求め 静岡地検に

特別基準恩赦を出願し「再収監を許さないための手段は全部尽くす」と話す弁護団の白山聖浩弁護士(右)と小川秀世弁護士=県庁で

 1966年に一家4人が殺害された「袴田事件」で死刑が確定し、2014年の静岡地裁の再審開始決定で釈放された袴田巌元被告(83)=最高裁に特別抗告中=の弁護団は15日、静岡地検に死刑執行の免除を求める特別基準恩赦を出願した。

 天皇陛下の即位に伴うもので、道交法違反や自動車運転処罰法違反など対象となる…

この記事は有料記事です。

残り143文字(全文293文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党「予備費10兆円」を批判 共産・志位氏「国会軽視というより国会無視」

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 登下校中のマスク、文科省「暑い日はむしろ危険」 児童間距離確保に「傘」利用も

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 顧客の預金着服した疑い 東邦銀行元行員を逮捕 総額2800万円か 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです