新聞労連ジャーナリズム大賞に毎日新聞「NHKかんぽ不正報道への圧力」報道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で頭を下げる(右から)かんぽ生命保険の植平光彦社長、日本郵政の長門正貢社長、日本郵便の横山邦男社長=東京都千代田区で2019年9月30日午後3時3分、小川昌宏撮影
記者会見で頭を下げる(右から)かんぽ生命保険の植平光彦社長、日本郵政の長門正貢社長、日本郵便の横山邦男社長=東京都千代田区で2019年9月30日午後3時3分、小川昌宏撮影

 新聞労連は16日、優れた新聞報道を表彰する第24回新聞労連ジャーナリズム大賞を発表した。大賞には、毎日新聞NHK問題取材班の「NHKかんぽ不正報道への圧力に関する一連の報道」が選ばれた。

 この報道は、かんぽ生命保険の不正販売問題を報じたNHK番組を巡り、NHK経営委員会が2018年10月、日本郵政グループの申し入れを受け、「ガバナンス(統治)強化」などを名目に上田良一会長を厳重注意していた経緯を報じた。経営委による個別番組への介入を禁じる放送法に抵触しかねない行為で、選考では…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

あわせて読みたい

注目の特集