メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

大津地裁での公判後の記者会見で、異例の展開への所感を述べる被害者側の弁護士=大津市梅林1の滋賀弁護士会館で2020年1月16日午後3時46分、成松秋穂撮影

 大津市の滋賀県道交差点で2019年5月、車同士が衝突し、巻き込まれた保育園児ら16人が死傷した事故で、右折車を運転し自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの罪に問われた無職、新立(しんたて)文子被告(53)=同市一里山3=の公判が16日、大津地裁(大西直樹裁判長)で開かれたが、予定されていた判決の言い渡しが急きょ延期される異例の事態となった。弁護側が同日になって突然、起訴内容に異議を申し立てる姿勢を示したためで、変更後の判決期日は決まっていない。

 16日は当初、判決の言い渡しのみが予定されていた。しかし、19年12月の論告求刑公判後に、新立被告が民放テレビ局のインタビューに応じ「不運が不運を生んだ事故」「子供がいるので(刑期が)短くなるといい」などと発言したのに対し、検察側が園児の家族らの意見陳述の機会を求めて弁論の再開を要請。大西裁判長も認め、家族らと新立被告の意見陳述などの後、判決が言い渡される流れだった。

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  2. 死刑執行、被害者遺族へ通知 21日から法務省 希望者が対象

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです