メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK大河「麒麟がくる」五輪・パラ期間中の5週分は休止 全44回に

記者会見に臨んだ「麒麟がくる」で明智光秀を演じる長谷川博己さん=2020年1月16日午後、屋代尚則撮影

 NHKは16日、2020年の大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(19日開始)について、東京五輪・パラリンピック期間中の計5週分の放送を休止すると発表した。放送回数は全44回になる。近年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」(18年)や「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(19年)はスタッフの働き方改革などでそれぞれ全47回に減らし、途中で関連番組などを放送していた。「麒麟」はさらに放送が減ることになる。

 制作統括の落合将チーフプロデューサーは「東京で行われる記念すべき五輪で、注目度も圧倒的に高い。その期間は五輪を楽しんでくれたら」と休止の理由について語った。また「麒麟」は、出演予定だった女優の沢尻エリカ被告が麻薬取締法違反の疑いで逮捕、後に起訴され、登場場面の撮り直しを要した影響で、放送開始日が今月5日から19日に変更された。落合チーフプロデューサーは「五輪に加え、開始が2週遅れたことも鑑みて(…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです