メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK大河「麒麟がくる」五輪・パラ期間中の5週分は休止 全44回に

記者会見に臨んだ「麒麟がくる」で明智光秀を演じる長谷川博己さん=2020年1月16日午後、屋代尚則撮影

 NHKは16日、2020年の大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(19日開始)について、東京五輪・パラリンピック期間中の計5週分の放送を休止すると発表した。放送回数は全44回になる。近年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」(18年)や「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(19年)はスタッフの働き方改革などでそれぞれ全47回に減らし、途中で関連番組などを放送していた。「麒麟」はさらに放送が減ることになる。

 制作統括の落合将チーフプロデューサーは「東京で行われる記念すべき五輪で、注目度も圧倒的に高い。その期間は五輪を楽しんでくれたら」と休止の理由について語った。また「麒麟」は、出演予定だった女優の沢尻エリカ被告が麻薬取締法違反の疑いで逮捕、後に起訴され、登場場面の撮り直しを要した影響で、放送開始日が今月5日から19日に変更された。落合チーフプロデューサーは「五輪に加え、開始が2週遅れたことも鑑みて(…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 持続化給付金の差し押さえ認めず 「事業継続支えるのが目的」 神戸地裁伊丹支部

  3. 企業の従業員向けバスを「市民の足」に 実証実験スタート 静岡・湖西

  4. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです