メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東電が小早川社長らを厳重注意 台風15号の停電対応巡り

東京電力=東京都千代田区で、曽根田和久撮影

 東京電力ホールディングス(HD)は16日、2019年9月の台風15号で千葉県を中心に起きた停電の対応に不備があったとして、小早川智明社長と送配電を担う子会社の東電パワーグリッド(PG)の金子禎則社長を厳重注意処分とした。

 合わせて公表した報告書では、被害把握が不十分な中で東電経営陣や経済産業省が早期の復旧見通しの発表を社内に迫り、見通し…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 茨城、栃木、群馬で震度4 津波の心配なし

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです