メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く
旧優生保護法を問う

強制不妊訴訟で北三郎さん「国は私たちの苦しみを分かって、謝罪して」と訴え

裁判の手話通訳を見て昨年末から手話の勉強を始めた北三郎さん。「少しでも聴覚障害の人と話せるようになりたい」=横浜市神奈川区で2020年1月11日、上東麻子撮影

 旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして国に賠償を求めている原告の北三郎さん(76)=活動名、東京都在住=が16日、東京地裁(伊藤正晴裁判長)であった口頭弁論の尋問で「国には私たちの苦しみを分かってもらい、謝罪してほしい」と訴えた。

 尋問で北さんは、中学2年の時に手術を受けたと説明。当初は何をされているか分からず、後に児童自立支援施設の先輩から不妊手術だと知らされたとし、「内容を知ってい…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです