メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関学大、日大との交流戦は「まだ検討段階」と発表 スタジアムは予約

アメリカンフットボール「関西学院大学対日本大学」第51回定期戦。試合は21-14で関学大が勝利したが、試合の冒頭で日大の犯した悪質な反則が問題となった=東京・調布市のアミノバイタルフィールドで2018年5月6日、小座野容斉撮影

 アメリカンフットボールの悪質タックル問題を受けて定期戦を中止していた関西学院大学と日本大学が5月に2年ぶりに試合を行うとの一部報道に対し、関学大アメフト部は16日、「試合を行うことを決定した事実はありません。部内で慎重に検討を進めている段階」と発表した。

 毎日新聞など一部報道機関が同日、両校が5月…

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文305文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 マイナンバーと口座ひも付け 見え透いた国民監視の魂胆

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです