県警「リスト型攻撃」解明 効率的に不正接続 電子決済狙う /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県警などは16日、他人のIDとパスワードで不正な接続を試みる「リスト型攻撃」の仕組みが判明したと発表した。攻撃対象のサービスを絞り込むプログラムによって、ハッカーが効率的に不正接続を試みているとみられる。

 県警は2019年5月、県内に拠点を置いた海外への不正送金事件で中国人業者を検挙し、インターネットへの接続を中継するサーバーを押収。このサーバーを分析し、攻撃の仕組みが判明した。

 「リスト型攻撃」は、ハッカーが不正に入手したIDとパスワードのリストをもとに、ネット上のサービスに接続する。これまでは、IDの持ち主がどのサービスを利用しているのか分からないまま、ハッカーが接続を試みていると考えられていた。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文659文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集