メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東洋大 現代学生百人一首 国内外から6万首超 入選作発表 /東京

 東洋大(文京区)は恒例の「現代学生百人一首」の入選作を発表した。1987年に同大の創立100周年記念事業として始まり、今回で33回目。中、高校生を中心に、日常や社会事象をとらえた作品が寄せられた。

 国内外の569校から計6万1976首の応募があった。同大によると、6万首を超える応募は2011年度以来8年ぶり。令和への改元で万葉集が注目を浴びたことも、関心につながったとみられそうだ。

 菊地義裕・文学部教授らが選考にあたり、入選作100首(うち秀逸作15首)を選んだ。一部を紹介する。入選作は同大のホームページで公開している。【澤圭一郎】

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 消える遊郭の町家風情 奈良・大和郡山 老朽化進み3月以降4棟取り壊し

  5. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです