メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「見直す努力大切に」 与謝野町出身のロンドン五輪出場ランナー・木崎さん、宮津中で講演 /京都

生徒たちと走る木崎良子さん。「当たり前を見直してみよう」と呼び掛けた=宮津市の宮津中学校で、安部拓輝撮影

 ロンドン五輪に出場した与謝野町出身のマラソンランナー、木崎良子さん(34)が15日、宮津市立宮津中で講演した。走るのは大好きだが人前で話すのは苦手。だけど「話を聞けてよかったという人が一人でもいたらうれしい」という思いから講演を引き受けているという。木崎さんは生徒たちに「当たり前を見直す努力を大切にしよう」と呼び掛けた。【安部拓輝】

 ロンドン五輪は26歳の挑戦だった。横浜であったレースで前を行く選手に差をつけられかけた時は「2番でもいいか」と思ったが、何とか持ちこたえていると相手の呼吸が荒いと分かった。「もしかしてここがチャンスかもしれない」と感じてペースを上げ、五輪の出場権を勝ち取ったという。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. オリックス山崎福 「緩急はまった」充実の3勝目 好けん制にも助けられ

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです