メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

琵琶湖疏水記念館(京都市左京区) 先人の偉業、分かりやすく

疏水の水が流れ込む「南禅寺船溜(ふなだまり)」のほとりに建つ「琵琶湖疏水記念館」=京都市左京区で、国本ようこ撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 見・聞・楽>

 明治時代に建設され、今も京都の街に琵琶湖の水を届ける琵琶湖疏水(そすい)。京都市左京区の疏水のほとりに建つ「琵琶湖疏水記念館」では、その歴史を分かりやすい展示を通じて学べる。【国本ようこ】

 琵琶湖疏水は東京遷都で衰退した京都を復興しようと第3代京都府知事、北垣国道が建設を提唱した。大津市の琵琶湖から京都市までトンネルなどで貫いて水路を開く大工事で、当時の年間府予算の2倍に上る巨費を投入。1890(明治23)年に全長約20キロの第1疏水が完成した。

 疏水を利用した水力発電、舟運の発展などで京都は活力を取り戻した。1912年には第1疏水の北側に並行して第2疏水(全長7・4キロ)が造られた。発電所が増設され、路面電車が運行されるなど疏水は近代化に貢献した。

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1055文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. 「月収7万円減」新制度開始 自治体の非正規職員から上がる悲鳴

  5. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです