メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング国際大会出場 雲仙市・国見中3年内野さん 「外国人選手相手でも自分らしい試合を」 /長崎

 スウェーデンで17~19日に開かれるレスリングの国際大会に、雲仙市立国見中3年の内野杏美(あみ)さん(15)が出場する。女子中学生のレスリング国際大会出場は県内初。内野さんは「緊張や不安もあるが、習ったことを生かして、自分らしい試合をしたい」と意気込む。

 大会はスウェーデンの他、ノルウェーやドイツ、カナダの代表選手らが参加。日本からは、日本レスリング協会が中学・高校生の各階級1人を選抜し、代表計2…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  2. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 「子供のマスクは手作りを」 学校再開に向け文科省が呼びかけ

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです