メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神奈川の男性、新型肺炎 国内初確認 武漢渡航、既に退院

 厚生労働省は16日、中国の武漢市に滞在歴のある神奈川県在住の30代男性が肺炎の症状を起こし、国立感染症研究所の検査で新型のコロナウイルス感染を確認したと発表した。昨年末から武漢で発生している新型肺炎患者が国内で確認されたのは初めて。男性は既に退院し、厚労省は「男性患者から感染が広がる可能性は低い」としている。首相官邸は15日付で、危機管理センターに情報連絡室を設置した。

 同省によると、男性は渡航中の1月3日に発熱し、6日に帰国。同日に国内で医療機関を受診した際は軽症だ…

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1106文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 平手友梨奈さん「欅坂46」脱退を発表 佐藤詩織さんは一時休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです