メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

阪神大震災から25年 インタビュー 矢守克也・京都大防災研究所教授

 兵庫県南部を中心に6400人以上が犠牲になった阪神大震災は、17日で発生から25年が過ぎた。あの日、ビルや高速道路も倒壊し、家族や自宅を失った被災者は失意の避難生活を強いられた。日本列島は近年、さまざまな災害に襲われる。私たちは今、震災から何を学ぶべきか。京都大防災研究所の矢守克也教授(56)に聞く。

――1995年1月17日午前5時46分、神戸市などを最大震度7の地震が襲いました。後に阪神大震災と呼ばれます。この時はどこにおいでになりましたか?

この記事は有料記事です。

残り3717文字(全文3942文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです