メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝野隆浩の掃苔記

越生町「専用」樹木葬

献花台の前の急勾配地に広がる越生町営樹木葬墓地。数年後には成長したツツジの花が一面に咲き乱れる

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 北海道大の上田裕文准教授からメールが届いて「埼玉県越生(おごせ)町の町営墓地。樹木葬専用の公営墓地は聞いたことがない」とあった。留学中のドイツで「森をお墓に使う」という運動に出合い、「こんな樹木葬で眠りたい」という本を出した森林学者。木を1本植えただけの国内の墓地には厳しい専門家が勧めるのだから、がぜん興味がわいた。

 東京・池袋から私鉄で約70分。越生は埼玉県の中央にあり梅林が有名だが、昨年5月に開設した町営墓地はツツジ公園の隣にある。五大明王像がまつられている土地の隣接地にあるから「五大尊花木墓苑」と名づけられた。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文921文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

  5. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです