トヨタ「空飛ぶ車」参入 米新興企業に430億円出資

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 トヨタ自動車は16日、「空飛ぶ車」の開発を手掛ける米新興企業に3億9400万ドル(約430億円)を出資し、空の移動事業に参入すると発表した。静岡県裾野市に造る実証都市で活用する可能性もある。世界的に開発が進む空飛ぶ車は幅広い分野で期待されており、実用化に向けて業界を超えた連携が進みそうだ。

 「陸だけでなく空にも移動の自由と楽しさをお届けするモビリティーの実現に貢献できる」。今回のジョビー・アビエーション(米カリフォルニア州)との協業を発表した声明で、トヨタの豊田章男社長は意欲を示した。

 空飛ぶ車は、都市部の渋滞や環境負荷の低減といった課題を解決できる新たな移動手段として注目されている。2009年設立のジョビーは、都市部で利用が見込まれる「空飛ぶタクシー」のサービス提供を目指しており、トヨタが培ってきた電動化の技術や生産のノウハウをジョビーと共有し、量産化を目指す。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文620文字)

あわせて読みたい

ニュース特集