メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊訴訟 「妻にも言えず 謝罪を」 北さん、法廷で訴え

 旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして国に賠償を求めている原告の北三郎さん(76)=活動名、東京都在住=が16日、東京地裁(伊藤正晴裁判長)であった口頭弁論の尋問で「国には私たちの苦しみを分かってもらい、謝罪してほしい」と訴えた。

 尋問で北さんは、中学2年の時に手術を受けたと説明。当初は何をされているか分からず、後に児童自立支援施設の先輩から不妊手術だと知らさ…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 平手友梨奈さん「欅坂46」脱退を発表 佐藤詩織さんは一時休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです