メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警備行動、ホルムズ海峡も「排除せず」 海自派遣で防衛相 衆院安保委

衆院安全保障委員会で海上自衛隊の中東派遣について質問に答える河野太郎防衛相=国会内で2020年1月17日午前9時13分、川田雅浩撮影

 衆院安全保障委員会は17日、中東海域で情報収集活動に当たる海上自衛隊の派遣に関する閉会中審査を開いた。2019年12月に派遣を閣議決定した後、国会で審議されるのは初めて。河野太郎防衛相は、不測の事態が起きて海上警備行動に切り替えた場合の活動範囲について「他の海域を排除しない」と述べ、ホルムズ海峡も含む可能性を示唆した。午後には、参院外交防衛委員会でも閉会中審査が開かれ、議論される。

 閣議決定では、オマーン湾▽アラビア海北部▽バベルマンデブ海峡東側のアデン湾――の公海を活動範囲としている。安保委で玄葉光一郎氏(無所属)が、海上警備行動が発令された場合の活動範囲について質問。河野氏は「万が一海警行動が発令された場合、他の海域を排除していない。領…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. 「みさき公園」ついに閉園 多くの人に愛され63年 大阪

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです