メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民の合流推進派、玉木代表に決断迫る 20日総会前に駆け引き激化

 立憲民主党との合流協議を巡り、国民民主党内の駆け引きが激化している。合流推進派は、20日の両院議員総会で合流を巡る決議案を採決すれば、過半数の賛成が得られるとして、玉木雄一郎代表に自ら合流を決断するよう迫る構えだ。玉木氏ら執行部は分裂を避けるため、採決は回避したい考えだが、立憲側との協議がまとまらない中で玉木氏が決断に応じる可能性も低く、総会は紛糾が予想される。

 「みんなが納得して参加できる大きな塊にならなければならない。また分かれてしまって、小さく分散しては駄目だ」。玉木氏は17日、労働組合の会合であいさつし、引き続き立憲との合流協議を慎重に進めていく考えを示した。玉木氏は周辺に「立憲ももう少し譲歩してくれれば」と漏らし、合流後の党名などは譲らない考えを示している。

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ禍で東京オリンピックは開催できるのか 首相の経済回復願望と「五輪ムードない」医療の危機

  2. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  3. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

  4. ORICON NEWS 第164回「直木賞」は西條奈加氏『心淋し川』 加藤シゲアキ受賞ならず

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです