メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中東情勢悪化 与野党論議かみ合わず 海自派遣巡り閉会中審査

 中東海域で情報収集活動に当たる海上自衛隊の派遣を巡り、17日に開かれた衆院安全保障委員会と参院外交防衛委員会の閉会中審査では、閣議決定後に悪化した中東情勢について野党側が懸念を示し、派遣決定の撤回を求めた。防衛省設置法の「調査・研究」を根拠とすることや「不測の事態」が起きた際の対応といった課題も浮かび上がった。

 「現在も開戦前夜の危機的状況で全く収まっていない。自衛隊の派遣は当面中止すべきだ」。衆院安保委の閉会中審査で立憲民主党の篠原豪氏が迫ると、河野太郎防衛相は「米国とイランの間で武力行使が行われている状況にはない。方針に変更はない」と突っぱねた。

 閉会中審査で焦点となったのは、中東情勢と海自の派遣に対する評価だ。

この記事は有料記事です。

残り2039文字(全文2352文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに130人以上感染 累計1000人超え 新型コロナ

  2. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  3. 「要請」なのに罰則? ドイツから帰国した研究者が日本の「水際対策」に感じた違和感

  4. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです